バンコク最後の夜です

タイ雑貨通販の泰国屋(たいこくや)の店主です。

 

本日、バンコクで過ごす最後の夜を迎えました。

 

夕食は迷ったのですが、やはり一番大好きなトンロー・ソイ38の屋台街で、カオマンガイ、カオマンガイトートのW盛りを食べてきました。タイ料理の中でもやはり屋台。シンハービールで流し込みながら、合間にしみじみとパクチーの効いたスープを飲み。このバンコクの光景もしばしお別れか・・。と思うと少し寂しさを感じてしまいました。

 

夜更かしもすることなく、ホテルに直帰。バンコクの思い出をかみしめながら部屋でまったりこのブログの記事を書いています。

 

翌日の朝は、少し早めに起きて荷造りです。明日はバンコクからチェンマイへのフライト。スワンナプーム空港行くのかと。明日中にはチェンマイに居るのかと思うと、少し感慨深いです。バンコクに出張旅行ではなくこのまま住んでしまいたい。タイにはそう思わせる魅力があります。

 

バンコクでは利用した事ある常宿でした。チェンマイでは今回始めてのホテルを利用しますので、そのあたりも楽しみです。(出張の場合は、リゾートホテルなどでなく、実用性重視で短期滞在のマンションのような部屋を個人的にチョイスしています。遊びや観光ならリフレッシュが目的なので、ホテルのプールでトロピカルなジュースを飲みながら、南国リゾートを満喫するのも良いと思います。)

 

タイ出張旅行最終日の今日のバンコクの天候。昼頃に天候が曇ってきて、小雨もぱらつき、スコールが来ると警戒して行動を自重したのですが、結局天気が何とか持ってしまいました。まぁ、そういうこともあります。

 

先ほどホテルでマンゴー、スイカなどを食べたのですが、タイはフルーツが美味しいです。トロピカルフルーツ。ココナッツもフレッシュですね。マンゴー、ドリアン(個人的には荷苦手)、パパイヤ、ライチやドラゴンフルーツなど。日本ではなかなか気軽に食べられないフルーツも日常的に手に入ります。美味しい。しかも安い。

 

チェンマイでは、バンコクとは違うイサーン料理なども食べられるので楽しみです。また、お寺もバンコクとは異なる様式のものもあり、独自の文化を感じることができる、そんな都市ですね。古都チェンマイ。ランナー王朝の雰囲気を残していて文化もだいぶ異なります。食文化の違いも魅力的。タイ料理は各地特色があり奥深いです。チェンマイはもち米をスティックライスと言って頻繁に食べますね。バンコクはジャスミンライスを好みますが。

 

そして、いよいよ10月に突入したわけですが、帰国後10/10以降に、タイ雑貨通販 泰国屋の営業も順次再開。日本の皆様どうぞよろしくお願い致します。

 

今回のタイ出張旅行を通じ、日本のお客様方に、あんなタイのアイテム、こんなタイのアイテム、何だ?これというそんなタイ雑貨をご紹介、販売させていただくこと。心から楽しみにしております。是非、タイ旅行をされたことをない方は、バンコク、チェンマイなどを直接訪れてみて下さい。日本と同じ「仏教・お寺」の文化ですので、仏教や寺院もだいぶ異なりますが、それでも違和感なく楽しめるはず。発見も多いです。

 

タイ旅行はシーズンから外れると旅行代金、ツアーの代金やチケット代。タイのホテルの宿泊費などもとてもリーズナブルですよ!尚、タイ旅行では海外旅行保険はお忘れなく。海外旅行保険は必須です。

 

それでは。

 

2013/10/1 タイ現地時間20:55

タイ雑貨通販 泰国屋(たいこくや)

タイ雑貨通販とタイ旅行情報の泰国屋(たいこくや)ホームへ戻る
クリックしてトップへ戻る