1年ぶりにタイ古式マッサージを施術してもらいました。

タイ出張旅行中、現在バンコクに滞在中。タイ雑貨通販の泰国屋(たいこくや)店主です。明日(10/2)、バンコクからチェンマイへのフライトを控えているということもあり、仕事もすでにオフモード。

 

昨日は、商品(マグネット)と私物(別送品というもの、スーツケースに入りきらない荷物で、規定の内容なら基本的に関税などがかからない)をタイランドポストことタイの郵便局で発送してきました。

 

馴染みのBTS(バンコク・スカイトレイン)のトンロー駅最寄のトンロー局からの発送だったのですが、ここの郵便局はいつも混在しています。そして、日本人の方とお会いすることもしばしば。タイ・バンコクでもスクンビットエリア、このトンロー駅近辺も日本人多いですね。以前、日本企業の現地タイの駐在員の奥様に、日本人の薬剤師さんが処方してくれるオススメの薬局を教えていただいたのも、このトンロー郵便局での立ち話がきっかけでした。日本人とタイで出会うといつも不思議な感じに陥ります。タイに滞在中はまず日本語しゃべりませんし。英語かタイ語のみ。

 

タイ・バンコクから日本へ送る荷物(タイ出張旅行のタイのお土産)も、いわゆるタイ旅行のバラマキ用の「お土産」から、帰国したら履こうかなぁと思って購入したタイパンツなど。タイパンツは東京・代々木のタイフェスティバルの実演販売を目にしてから、ぜひタイ出張旅行中にお土産として買おうと。タイ古式マッサージ中などでタイパンツ履くことも多いですが。快適ですね。タイ出張旅行のバンコクでの滞在中も「タイパンツ」、滞在先のホテルで履いていますよ。色落ちが激しいですが。うーん良くも悪くもタイランドクオリティ。タイ雑貨もタイのステッカーやシールなども同じ事もいえますが。最低限の部分をクリアしていれば、細かいところはマイペンライ(気にしない)精神でOKです。

 

タイ旅行では人気のタイの食材、加工食品や、タイのお菓子、タイカレーなど調味料など。タイ旅行のお土産は物価の安さも相まっていっぱい買えます。日本ではカルディでタイの食材などを買う事が好きです。しかしこちらタイのスーパーで調味料などお土産のショッピングをすると。パラダイス。品揃えと価格が天国。一つ指摘すればタイ米・ジャスミンライスが通関、検疫や重量の関係で日本へのお土産に不向きなのが残念です。

 

 

手荷物としてスーツケースに入れて運ぶのも大変。重量オーバーは追加料金が必要になる場合もあるので、潔く郵送しています。厳密に重量をカウントされてしまうとオーバー。多少は目をつぶってくれるかもしれませんが。限度があります。マナーですよね。

 

そんな昨日、タイ人の友人の経営するタイ古式マッサージを施術してもらいました。1時間(60分)で、250バーツ(日本の円で750円くらい)。スクンビット通りという、周辺でも外国人が多く住むセレブリティなエリア。少し高めですが、しっかりマッサージしてくれるので施術後は体が軽くなりました。チップは50バーツ(150円くらい)をお渡ししました。

 

肩が「カタイ、カタイ」とマッサージ師のかたが連呼していたのが印象的でした。肩を特に重点的に施術してほしいとリクエストしていたのですが、やはりだいぶ疲労が蓄積していたみたいです。

 

理由は、タイ雑貨の商品の仕入、買い付け時などで重い荷物を両手に持つこともしばしば。片手に20kgということもありました。蒸し暑い雨季のタイの環境では、汗が止まらずまるで荒行のようでしたが、そんなこともあり体は着実に疲労を蓄えていたのでした。タイ主張旅行。楽しくもあり、ハードな事も。

 

そして、体も軽くなったところで、タイの友人とお茶をしたり。夜はタイの蒸留酒(スピリッツ)をコーラで割って、飲むという恒例の「儀式」が。やはり、一人で飲むよりも友と飲むお酒も楽しいものです。

 

タイ語はほとんどできませんし、英語も堪能ではありませんが。言葉があまり正確に通じなくともコミュニケートは出来るものです。逆にプロパーの日本人同士で日本語でコミュニケートできているのだろうか?はなはだ疑問かもしれません。言葉というのは必要なようで実は不要なものなのかもしれません。

 

お開きになってから徒歩で、滞在先のバンコクのホテルに帰宅。ゴハンを食べないでスナック系しか食べていなかったので、途中のバンコクの定食屋さんで空芯菜の炒め物(50バーツ 150円くらい)とライス(5B 15円ほど)で空いた小腹を満たしました。タイのひとはグルメだと思います。食に対するこだわりが強い。日本人もその傾向がありますが、タイの人も同様。タイ料理をタイ出張旅行中でどこでいただくか。フードーコートは清潔で気軽です。間違いないし外れがない。ところがタイの地元の人が通う定食屋さんの料理って、全体的に完成度が高いです。屋台にも言えますが当たり外れがありますが。そのあたりも含めて面白い。

 

そしていよいよ本日がバンコクにて行動ができる実質的な最終日。昨日チットロムのビッグCのフードコートで昼食をとったのですが、帰る際にチャージ分のカードの精算を忘れてしまいました。当日限りでないらしいので数程度なら問題はないのですが、たびたびあります。チットロムのビッグシーはタイ旅行のお土産を爆買いするのによく行きます。タイ旅行のお土産はだいたいあそこでそろいます。本当にオススメのお店。

 

また昨日、タイ・バンコクで爆買いした「タイ旅行お土産」など荷物も概ね日本に向け発送済み。かなり身軽になりました。しかしながら明日にはこの数週間にもおよぶ滞在を続けたバンコクのホテルをチェックアウト。次の目的地は古都・チェンマイ。スーツケースに収納させなければ。荷造りなどもボチボチはじめないとという感じです。

 

いつも荷造りの際に、重量について心配することが多いのですが、今回はその心配はないので少し気楽です。タイ旅行オススメですよ!タイの皆さんは親日的な人も多く、過ごしやすいです。タイのお寺もいいですね!

 

それでは、タイ雑貨通販のお店・泰国屋の店主がタイ出張旅行中のバンコクからのブログ記事でした。

 

2013/10/1 タイ現地時間 6:50

タイ雑貨通販 泰国屋(たいこくや)

タイ雑貨通販とタイ旅行情報の泰国屋(たいこくや)ホームへ戻る
クリックしてトップへ戻る